Fantastic!!! COBOO Liberator!

さぁ〜♫ 最近くどい!?ようですが、今日も(笑)製作中のLiberatorの話!笑

カウルの取り付け、配線処理、エンジンガード加工などの工程を経て、

ついに帰ってきました!ブサ可愛フェイスのCOBOO Liberator!!!!

おもえば、馴れ初めは、ずっとエンジン不調で落ち込んでいた時、起死回生のカスタムを

考えていた時のことです♫

3度目の正直で、今回でこの車両はフィニッシュだ!という気持ちで、自分に合う、そして、

COBOOとしても楽しんでいただける、そして、もちろん乗りやすくて、

愛着をさらに持てるスタイルはどんなカスタムだ!?なんて、考えていると、

1976年に、現在のロードグライドの元祖といわれるハーレーのオプションカウルが存在したということを

知るのです。

探してみれば、、、おおおっ!?なんと無骨で、不細工な。。。笑

インパクトがあり過ぎて!笑 お世辞にもスタイリッシュとはいえない。。。

ライト4頭なんて聞いたことないし。。。笑

しかし。。。なになに!?ふむふむ。。。

どうやら、ハーレー社のはじめての外部会社との連携オプションカウルで、

え!? 1976年発売!1977年で終了!? たったの1年!??

それも、工場が火事になり、製品作成する型ごと燃えて!??

 

なんか、ストーリーがだんだん面白くなってきて、ここからは、僕のオタクぶり発揮!笑

とことん探して、アメリカ中走り回ったくらい、ネットで検索。笑

なにげに、ebayみてたら、、、

あった。。。ただ1つだけ。。ブサイクだな〜、、、笑

それから数日後、インパクトがあり過ぎて、、頭から離れない、、ブサイク過ぎて、気になっちゃう。。。笑

そうこうしていたら、なんか、見慣れてきて、、、なんか、ありな気がしてきた、、

あれ!?可愛く見えてきた。。。40年前のカウル、、、笑

気がつけば、、、購入。。笑

送られてきたその中年オヤジな風合いのカウルは、なんだかダンディーにみえてきた!(気のせい!?笑

 

 

 

なんといいますか。。

今や、韓流アイドルのようなスタイリッシュでスポーティーなロードグライドと比べ、

このカウルを付けたなら、昭和のずんぐりむっくりな日本の中年オヤジのようだ。。。

あっ、おれも、中年オヤジだった。。。汗笑

そんな世代間の無理くりな親近感を抱いてしまい、

よし!中年オヤジ同士! 今の韓流アイドル(現行ロードグライドの例え)にも負けない

”味のあるかっこよさ”を、おれが!ペイントでぶち上げたる!笑

昭和の無骨なニュアンスを、返り咲きダンディー俳優(仕上がり車両イメージ)のように仕上げてやる!〜笑

現在、一周回って復刻してきているスポーツグライドやFXRTのような価値あるカウルと比較しても、

こちらは、一切歴史的価値も無さそう。。。

いやいや、40歳からの底力は、これからよ〜っ♫笑

 

 

とまあ、こういう訳です、はい。笑

 

ということで!笑

しっかりワンオフステーとエンジンガード加工で取り付いた!Liberator!!!

こんなニックネームも、いただきました!カニカウル!笑

(名付けの親は、この方。FM.KUN笑)

ライトもバッチリ点灯!

問題は、インナーフェアリング側。

ここから、細かな作業次第で、このカウルの男前度数が変わるんだ。笑

サイドのポケットの蓋や、メーターが取り付く箇所の技ありな!?加工など

やはり、春のJOINTSまでには到底仕上げられそうにない。。。笑

 

まあ、しかし、横幅は、ピカイチに広いこのカウル。

もちろん、ネット上にも、”このカウルはすごくいい!”とか、”見た目よりも走ると快適だよ!?”

などの、僕にとって都合のいい情報なんかも一切ない。笑

先日もBLOGに書いた、エルヴィス・プレスリーに感想がきければ、、、くらいの夢物語のみ。。

ここまできたら、僕がカウルに慣れてやる〜くらいに思っております。笑

 

そして、おまけカスタムも同時に。

そのカスタムとは、このパニアケースに!

 

もう最高! 一言でいえば、”ファンタスティック!”笑

このカスタム内容は、僕とお会いした方だけが、わかるということに。♫笑

是非!皆さんと走れる日も近いです!!!笑

宜しくお願いします!!!!

 

では、次回はちゃんと業務BLOGでおおくりします♫笑