僕とCOBOOとの出会いにはBMXライダー、オマセことクボタユウヤという男が大きく関わりました。

名古屋での彼のライディングを収めた映像から、話は始まりました。
COBOOブログにも過去の記事があります
この時は日が暮れてから行動開始、夜が明けるまで撮影という流れを繰り返し繰り返し繰り返して、完成しました。

もちろんオマセとの出会いの前にも色々な出会いがあるわけですが、さらに遡り、ビデオカメラを持つきっかけとなったのは自転車での怪我にあります。

マウンテンバイクというオフロード自転車でのジャンプに失敗しての骨折です。
治療には3ヶ月〜半年の期間を要し、その間マウンテンバイクには当然乗れない。
しかし当時燃えていた僕は現場には足を運びたい。
そこでビデオ係を買って出たのが始まりです。

訳のわからないなりに撮りまくりました。


右鎖骨、左手首骨折。とても不便でした。


2つに分かれてしまった鎖骨

中略。そして今に至る。という訳です

あの時折れた僕の鎖骨から、この先どこに繋がっていくのでしょうか。たのしみです。