現在、イタリアにいます。(いきなり。。。

カスタムペイント、WEB制作、PV制作と、COBOOの全てのコンテンツをいつもご指名いただきます
”LB PERFORMANCE” 様(http://libertywalk.co.jp/より、
一昨年、アメリカSEMA SHOWにてデビューを果たした!同社のコンプリートカスタムランボルギーニ”LB-R”を、今回は、ランボルギーニ社50周年イベントに、日本のカスタム魂を披露しにいく!!!

イタリアに攻め込む様を同行取材させていただくことに。(PV制作ドキュメンタリー取材)

そうした連絡をいただいたのは、、、出発半月前、、笑
”イタリアいこかーーNARIちゃん〜” 
僕の中で、LB PERFORMANCE KATO社長は、アメリカ人よりも、イタリア人よりも、陽気で、そして
なにより情熱がハンパなくある人物であると、以前よりかなりの刺激を頂く大先輩であります。

今回も、日本で唯一のランボルギーニカスタムメーカー&カスタムショップを営み、
ランボルギー二への愛情表現を形にし、50周年という節目の大きなイベントに
和製カスタムランボルギーニをイタリアに上陸させ、本国の人達に、日本のカスタムと”元気”を
見てもらう!!!!
そして、そうした行動の背景には、今や日本を始め、世界中に数千人のファンをもつこの和製ランボルギーニ
をイタリアに持ち込み、実際に走ってイベントに参加するという形を、世界中の人達に見てもらい、
アグレッシブに世界で戦う姿勢や、限界を超える”元気”、あきらめないチャレンジ精神を、
少しでも次世代の子供達や、元気を失いつつある日本の人たちに、何か明るい起爆剤をつくれれば。
そう、僕に話してくれました。

そうした熱意が、仲間を作り、
今回、イタリア凱旋には、我々含め、13人のチームで乗り込むこととなました。
もちろん、そんなチームは、世界中を見てもありません。笑

そんな模様を、前編、後編に向けてお送りしたいと思います。笑

まずは、本題の50周年イベントは、少し後にお話するとして。。。笑

13人のクルーは、最初から”大事件”起こる中、イタリア、ミラノに降り立ちました。
イベントの合間に、COBOOSTUDIOとしても、超!魅力的な場所に伺いました。

それは、ランボルギーニ生産工場。

今回は、特別特攻エージェントが同行。
公開できない場所に次から次へと乗り込みます、、、笑

●ランボルギーニの生産工場。
●パガーニ(1台2億円のスーパーカーメーカー)の生産工場
●ランボルギーニのエンジンチューンショップ
●フェラーリ社
●エンッオ次期モデル”ラフェラーリ”が!??
●ランボルギーニ社 社長に会う!?創設者甥っ子さんに会う!??

などなどなどなど。。。

この世界でも有名なスーパーカーメーカーの本拠地は、ボローニャという街の近くにあり、
距離にして20km圏内に全社あります。

先で言った通り、COBOOSTUDIO(ペイントセクション)にとって
ランボルギーニ生産工場が見れたことは、最高の土産話となりました。
我々が目指すペイント、カスタムの最高峰の設備、行程、仕組みを勉強できました。
僕の中で悩んでいた悩みも、一気に吹っ飛びました♪
移動や夜の時間は、こうして毎日受ける新しい刺激をもとに、
COBOOが進む道を楽しく考えてまとめたりしてみたりしています。
もちろん、新しい出会いもあり、わくわくを自分で形にするためにがんばりたいです♪

話を戻し、
ミラノに降り立った一行は、時間の無さ故に、エアー(空輸)で運ばれて来たLB-Rを引き取り
会場へと足を運ぶのであります。

今回の50周年イベントは、数日間をかけて、イタリア中を走る”ツーリングイベント”。
初日ミラノを出発し、下はローマまで行き、最終本社や工場、発祥の地である”ボローニャ”でゴール。
といったもので、ミラノでは、数百台がスタートするイベント会場となっていました。

イベントで起こる!奇跡の数々は”後編で”お伝えすることにいたしやす。はい。笑

とにかく、奇跡の連続。なにをするにも、人と人。
イタリア人の素晴らしさを初回から感じることができましたよ。

とにかく、ぶっつけ本番な過酷な日々が続きますが、これが、報われる結果となるなであります。♪

ミラノの街ショットをご覧頂き、後編をお楽しみに♪ ということで。